刻みたばこ
Google

細刻みたばこは、江戸時代の日本で発達した、世界でも例のないたばこの加工技術です。江戸時代の半ばを過ぎると、「こすり」という呼び方で細刻みが登場します。このころは手刻みでしたが、すでに髪の毛ほどの細さに刻む技術があったといわれています。なぜ、日本だけ細刻みが発達したかという理由は定かではありませんが、細く刻むとたばこの味がマイルドになることから、日本人の味の好みや文化的な風土から生まれたのではないかと言われています。また、細く刻むには、良く切れる包丁が必要ですが、日本刀を作る高度な技術が活かされ、結果として世界でも珍しいたばこが誕生しました。 (JT たばこと塩の博物館 より)電子タバコスーパーシガレットなら害のない喫煙が楽しめる♪


Yahoo! JAPAN